有限会社FBI

FBI異業種交流会

次回予告

FBIの異業種交流会は、毎年2月頃に開催しております。 ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。
  • 日時

    平成29年2月9日(木) 18時15分より 無事終了しました

  • 場所

    ディア・フィオーレ・マリエール高崎 住所:高崎市飯塚町1361-1

  • お申込み期日

    また来年是非ご参加ください

  • 新聞掲載

    第10回FBI異業種交流会が群馬経済新聞に掲載されました。
    掲載記事はこちら

平成25年2月4日(月)

2月4日にFBI異業種交流会を開催いたしました。

毎年2月に開催している異業種交流会ですが、
今回で7回目を迎えました。
参加者は総勢43名の方にご参加いただきました。
心より御礼を申し上げます。

最初にFBI異業種交流会の代表である、
高陽精工株式会社代表取締役会長の大澤様より、
開会のご挨拶をして頂きました。

今年の講演は株式会社ぐんま東庄代表取締役の江積様に、
ご講演をして頂きました。
ぐんま東庄様は一般ごみ廃棄物や、産業廃棄物、
医療廃棄物等の特別管理産業廃棄物などの収集運搬事業や、
資源リサイクリング事業、焼却処理事業、自治体処理施設事業などを
行っている会社です。

高崎の人であれば、ごみの日などに収集に来るトラックで、
ぐんま東庄様の収集車を見かける方も多いと思います。
また、高崎のごみ処理施設である高浜クリーンセンターも市からの管理委託を受け、
不燃粗大施設と資源リサイクル施設の運営も行われており、
非常に事業も成長し、拡大を続けている企業様です。

江積様は今から30年前に埼玉県本庄市にある株式会社東庄に入社され、
一年後江積様のお父様も東庄に入社され廃棄処理業のお仕事をされたのち、
地元の群馬に1989年にぐんま東庄と言う会社をお父様と設立されました。
現在では群馬にとどまらず埼玉、栃木、長野、東京、千葉まで業務を拡大されております。

江積さまは経営者として会社の業績を日々上げているだけでなく、
廃棄物処理業の重要性、向上を図り、
同業種の団体の役員なども兼任され、それだけに留まらず、
群馬県から労働局の参与として企業内紛争などのトラブル解決などにも
積極的に関わっております。
さらにまちづくり団体の活動も以前より積極的にされており、
高崎祭りの副実施本部長も勤め、
非常に多岐にわたりご活躍をされております。

経営ビジョンとして経営理念、基本方針、行動指針を設け、
社員教育にも力を注いでおります。
産業廃棄物はときに不法投棄などを行う悪徳業者も存在する為、
悪いイメージを自分たちの行動で腐食することで社会に貢献するという信念を持たれております。

江積社長は非常に情熱家であり、
東日本大震災の時に、
群馬ですら混乱があった状況にも関わらず、
すぐに警察から被災地へ入る事の出来る許可書の申請を要望し、取得。
震災から2日後には会社の大型車に乗って
被災地に支援物資を運びに行きました。
しかし、被災地を回る中絶望の淵にいるご年配の被災者などをご覧になり、
車内でひたすら涙を流したというエピソードも話してくださいました。

廃棄物処理業と言う業種に地味なイメージや不法投棄などのネガティブなイメージを持つ方もいるかもしれません。
しかし、家庭用のごみなどを含め廃棄物処理業は生活に欠かせない非常に重要なお仕事です。
ぐんま東庄様はネガティブなイメージも生活に欠かせない重要な業種である事も
十分把握したうえで業界の地位向上、そしてお客様に対しては安心して頂けるように
日々邁進している素晴らしい企業様であると感じました。


江積社長の講演の後は榛名観光株式会社取締役営業部長の久保田様より
乾杯の御発生をして頂き、参加者の皆様同士の交流が開始しました。

初めて来た方も多く初参加の皆様は緊張されている面もございましたが、
毎年出席して頂く皆様の明るい雰囲気に会場も非常に明るくなり、
皆様積極的に交流を深めておりました。

結びとして有限会社フジ美装代表取締役会長の武藤茂様
ご挨拶して頂きました。

今回も多くの方にご参加いただき会場内が非常に活気があり、
異業種交流会を開催して良かったと実感しました。

また多くの方から非常に良い交流会だったとお褒めの言葉も頂きました。

この異業種交流会を通して多くの方が事業の発展して頂ければ幸いです。
弊社も微力ながら皆様のサポートをしてまいります。

来年も開催する予定ですので、ご興味ある方は是非ご参加してください。




インターネット契約サービス

一部ご利用頂けないブラウザがございます。
予めご了承ください。